様々な価格帯

黄色のマンション

現物不動産投資の対象としては、一戸建て、区分所有マンション、一棟売りアパート、一棟売りマンション等があります。
一戸建てや区分所有のマンションは、中古を選べば数十万円の手持ち資金でも購入することができるため、現物の不動産投資初心者によく勧められます。
しかし、賃貸物件の担保評価額は低くおさえられるので、レバレッジをあまり効かせることができません。
一棟アパートは、割安なものも多く売られていますが、木造が多いために中古物件では減価償却期間の残りが短く、融資を受けるのが難しいこともあります。
こちらもレバレッジを効かせることが難しいです。
一棟売りマンションは、鉄筋コンクリートで建物の残存価値が高ければ、融資も多く引くことができるので、資金のレバレッジを大きく効かせることができます。
そのために一部の不動産投資家の間では人気です。
しかし、初めて不動産をで投資をしようとする人がいきなり何億円もの融資を引くことは難しいと言えるでしょう。

物価上昇圧力

不動産投資は、融資を引きレバレッジを効かせることで少ない資金を効率よく利用し賃貸収益をあげるものです。
100%自己資金で大きな物件を購入することは、普通の人にとってはとても困難です。
そのため、融資をしてもらえるか否かが鍵となります。
今後は物価上昇圧力が高まるとの予想のもと、現物不動産の人気も高まると予想されます。
特に人気のエリアは価格上昇に転じるでしょう。
現物を購入して賃貸してみたいと考えるならば、一棟ものに挑戦する前に、区分所有や一戸建てなど、規模の小さな物件から投資を始めるのが妥当でしょう。
そして運営のノウハウの蓄積や金融機関との信用作り等も必要不可欠です。
慌てて大きな物件を購入すると、悪徳業者から瑕疵物件を掴まされたり、大きな借金を背負うことにもなりかねません。
「決断は早くしないとよい物件はすぐになくなる」と言われますが、リスクを避けるためにも十分に目を肥やし、余裕のある資金計画を立て、慎重に決断をすることが大切です。

オススメリンク

茶色と白のマンション(片側空)

不動産の運営が人気

不動産投資には様々な方法があります。
駐車場経営などはイニシャルコストがあまりかからないので人気が高いといえます。
しかしながら、それらの中でも最も人気があるのがマンション経営やアパート経営と言っても過言ではありません...Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031